南関町ホームページ
 ふるさと寄附金
戻る ホーム
 ホーム > ふるさと寄附金  > あなたの『想い』を南関町に ― ふるさとなんかん応援寄附金―
 

あなたの『想い』を南関町に ― ふるさとなんかん応援寄附金―

最終更新日 [2016年8月1日]

大津山公園の冠木門 南関そうめん
 ふるさと応援寄附金で南関町の町づくりに参加しませんか。
 ふるさと応援寄附金は、「ふるさとを応援したい」、「ふるさとに貢献したい」という『想い』を寄附という形で具体化したものです。みなさんの熱い『想い』を心からお待ちしています。

寄附金の使い道

 
 皆様からいただいた寄付金は、南関町のさらなる活性化につながる事業に活用させていただきます。
 平成28年度からは、南関町関外目にある、北原白秋(詩人・歌人)の母の実家(白秋の生家)の保存改修に活用させていただきます。

寄附金 申し込みの手順

@寄附の申し入れ
 寄附を希望される方は、寄附申出書に記入のうえ、下記の問い合わせ先まで、郵便・メール・ファックスで提出してください。

・電子申請及びクレジット決済を希望される方はこちら
https://furusato-nankan.jp/

A寄附金の送付
 次のいずれかの方法でお振込みしてください。
 ・ゆうちょ銀行窓口で振込(振込み手数料はかかりません)
 ・現金書留(郵送料は寄附される方の負担になります)
 ・口座振込(振込み手数料は寄付される方の負担になります)
 ・クレジット決済(クレジット決済を希望される方は、電子申請となります。)
 

B受領証明書の送付
 南関町から寄附にかかる受領証明書を発行します。受領証明書を添付し、確定申告することで、税の控除を受けることができます。

ワンストップ特例制度が創設されました

 ワンストップ特例制度とは、確定申告をする必要のない給与所得者等がふるさと納税を行う場合にふるさと納税先団体が5団体以内の場合であって、確定申告を行わない場合に限り、ふるさと納税を行う際に、ふるさと納税先団体に特例の適用に関する申請書を提出することで、確定申告を行わなくても、ふるさと納税についての寄附金控除を受けられる仕組みです。
 詳しくは、下記を参照ください。

申告特例申請書様式

税額控除

 寄附される方が2千円を超える寄附をした場合、2千円を超える部分について、個人住民税のおおむね2割を限度として、今お住まいの自治体から税額控除を受けることができます。寄附した翌年に寄附者は、南関町が発行した受領証明書を持って最寄の税務署へ確定申告をすることによって税金の控除を受けることができます。

熊本県ホームページへリンク
http://www.pref.kumamoto.jp/site/furusatonouzei/gaiyou.html

確定申告書作成の手引き
http://www.eltax.jp/www/contents/1419405596536/index.html

南関町からお礼の品をお送りします

 1万円以上の寄附をいただいた方に、感謝の気持ちとして南関町の特産品をお贈りさせていただきます。
 特産品は、寄附金額に応じたポイントを付与しますので、そのポイントに応じて選択してください。詳しくは、下記をご覧ください。
https://furusato-nankan.jp/

寄付者一覧

※寄附金をかたった寄附の強要や詐欺行為には十分ご注意ください。

この情報に関するお問い合わせは
南関町役場総務課 総務係
電話:0968-57-8500
ファックス:0968-53-2351

新しいウィンドウで表示 このマークがついている資料・リンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム