南関町総合トップへ

保育所等への入所について

最終更新日:

保育所・認定こども園・幼稚園など利用される場合はお住まいの市町村へ申請書の届け出をする必要があります。
 
 認定の種類は下記のとおりです。

 

教育標準時間認定(1号認定)

 教育標準時間認定は、満3歳以上の児童であれば認定を受けることができます。
 ※「保育を必要とする理由」は必要ありません。
 

 

保育認定(2号及び3号認定)

 保育認定を受けることができるのは、保護者が以下の「保育を必要とする理由」のいずれかに該当し、家庭内で保育ができないと認められる場合です。
   ※2歳児以下の児童(3号認定)  ※3歳児以上の児童(2号認定)

【保育を必要とする理由】
 (1)月48時間以上仕事をしている。
 (2)妊娠中であるか又は出産後間がない。(出産前後6ヶ月以内)
 (3)疾病や負傷、又は身体等に障がいがある。
 (4)同居又は長期入院の親族を常時介護・看護している。
 (5)震災、風水害、火災などの災害復旧にあたっている。
 (6)求職中である。(原則3ヶ月間
 (7)就学している。(職業訓練校等を含む)
 (8)育児休業取得中に既に保育を利用している児童の継続利用が必要である。

 ※求職中の方は、入所後3カ月以内に就労証明書を提出していただきます。提出がない場合は、入所を解除いたします。
 

 

入所申込み方法

 保育所等への入所を希望される方は、役場福祉課子育て支援係にてお申し込みください。詳細につきましては、下記「保育所・認定こども園入所案内」をご覧ください。
 中途入所については随時受け付けますが、入所人員が定員を超えていたり、職員配置の状況等によっては、数ヶ月お待ちいただく場合もあります。(その年度は入所できない場合があります。)

 

 

入所申込みに必要な書類

★新規入園希望の方、認定の変更を希望される方、保育要件が変更になる方
【1】子どものための教育・保育給付認定申請書兼施設利用申込書(児童1人につき1枚必要)
【2】保育所等の入所に関する確認書(同意書)
【3】「保育の利用を必要とする理由」を証明する書類(就労証明書など)※保育認定希望者のみ

★既に認定を受けている方
【1】現況届兼施設利用申込書(児童1人につき1枚必要)
【2】保育所等の入所に関する確認書(同意書)
【3】「保育の利用を必要とする理由」を証明する書類(就労証明書など)※保育認定希望者のみ

※就労等に変更があった場合は、支給認定の変更が必要となりますので、早急に福祉課子育て支援係までご連絡ください。
 
提出書類の様式はこちら↓↓
 
子どものための教育・保育給付認定申請書兼施設利用申込書

 

現況届兼施設利用申込書

 

保育の利用を必要とする証明の様式 

 

新規に申請をされる方へ

 マイナンバー制度の施行に伴い、手続きの際に個人番号と本人確認が必要になりますので、下記の書類を必ずご持参ください。

 

 ◎個人番号の確認ができる書類の例
  ・個人番号カード
  ・個人番号通知カード 

 

 ◎本人確認ができる書類の例
  ・個人番号カード
  ・顔写真付きの書類(運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・障害者手帳など)
  ・顔写真が無い書類を2種類(健康保険証・年金手帳等官公署発行書類など)

 

 

入所の選考基準

 保育所への入所希望が定員を超える場合には、選考により保育の必要度が高い順に入所を決定します。
 詳細は下記「保育所入所選考基準表」をご覧ください。
 

 

保育料

 副食費・利用者負担額は、保護者(通常は父母)の課税状況、児童の年齢及び認定区分に応じて、下記の「副食費・利用者負担額表」によって決定します。 
また、次のような軽減制度もあります。
【1】 3号認定の場合(0歳児・1歳児・2歳児)
 ・同一世帯から2人以上保育所又は認定こども園に入所している児童の利用者負担額は第1子全額、第2子半額、第3子無償
 ・市町村民税非課税世帯の児童の利用者負担額は無償
 
【2】2号認定の場合(3歳児・4歳児・5歳児)
 ・同一世帯から3人以上保育所又は認定こども園に入所している児童の第3子の副食費は無償
 
【3】1号認定の場合(3歳児・4歳児・5歳児)
 ・認定こども園等に入所し、年少3歳児から小学校3年生までの範囲内に児童が3人以上いる世帯の第3子以降の副食費は無償
 
【4】 世帯の市町村民税所得割額が57,700円未満の場合
 ・2号認定は、副食費は無償
 ・3号認定は、第1子の年齢に関係なく第2子半額、第3子以降は無償
 
【5】世帯の市町村民税所得割額が77,101円未満の1号認定の副食費は無償
 
【6】 世帯の市町村民税所得割額が77,101円未満かつ下記の(1)又は(2)に該当する場合
 ・2号認定は、副食費は無償
 ・3号認定は、9,000円又は各階層区分の半額と比較して低い方の額、第2子以降は無償
 (1)ひとり親世帯等
  母子及び父子並びに寡婦福祉法に規定する配偶者のない女子で現に児童を扶養しているものの世帯及びこれに準ずる父子家庭の世帯
 (2)在宅障害児(者)のいる世帯
   ⅰ身体障がい者手帳の交付を受けた者
   ⅱ療育手帳の交付を受けた者
   ⅲ精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けた者
   ⅳ特別児童扶養手当の支給対象児、国民年金障がい基礎年金等の受給者
 
【7】未婚のひとり親家庭
 ・寡婦控除を適用し利用者負担額の計算を行う

町内の保育所・認定こども園

●南関こどもの丘保育園 (私立保育所)
  定員250人
  延長保育、一時保育、障害児保育、子育て支援センターあり  
  南関町大字小原1821-1 電話53-6668
   こどもの丘保育園ホームページ http://www.kodomonooka.jp/

●南関ひまわり幼稚園(私立認定こども園)
  定員160人(1号認定:100人、2・3号認定:60人)
  延長保育あり
  南関町大字上坂下1339 電話53-8777
   南関ひまわり幼稚園ホームページ http://www.himawari-kids.com/

●文化幼児園(私立認定こども園)
  定員40人(1号認定:5人、2・3号認定:35人)
  延長保育、一時保育、放課後児童クラブあり  
  南関町大字関下1933 電話53-1888
   文化幼児園ホームページ hhttp://bunka-youjien.com 

 

町外の保育所等を希望される場合

 町外の保育所等に入所できるのは、その保育所の近くに勤務しているか、通勤途中にある場合で、町内の保育所では時間内に迎えに行けないなどの支障をきたす場合です。
 また、どの市町も住民優先ですので、入所状況等により希望に添えない場合があります。
 

 

保育料助成事業

 子育て世帯の負担軽減を図るため、住んでよかったプロジェクトの一環として、納付していただいた保育所・認定こども園・幼稚園及び認可外保育施設の副食費、利用者負担額の一部を助成しています。来年度についても半額助成の見込みです。
 申請及び支給については、3月に1年分をまとめて申請していただき、4~5月頃支給します。(中途退所者はその月に申請が必要です。)
 ただし、保育料(副食費、利用者負担額)や町税など、町への納付金に未納がある場合は支給しません。 
 なお、当初は雑所得として申告が必要でしたが、24年から非課税になりました。
 

 

保育所通園費補助制度

 片道5km(家から園までの最短距離)を超えて通園をされる家庭について、1世帯につき月額1,500円の補助金を交付します。(南関こどもの丘保育園のみ)
 ただし、保育料の未納がある場合は支給しません。
 また、当補助金は、雑所得として申告が必要です。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:1204)

南関町役場 法人番号 8000020433675
〒861-0898  熊本県玉名郡南関町大字関町1316  
Tel:0968-53-1111   Fax:0968-53-2351  

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分まで(祝日・休日・年末年始を除く)
※水曜日は税務住民課と福祉課(一部業務のみ)19時まで

Copyrights(c)2017 Town Nankan All Rights Reserved

南関町役場

法人番号 8000020433675
〒861-0898
熊本県玉名郡南関町大字関町1316 Tel:0968-53-1111 Fax:0968-53-2351

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分まで(祝日・休日・年末年始を除く)
※水曜日は税務住民課と福祉課(一部業務のみ)19時まで

Copyrights(c)2017 Town Nankan All Rights Reserved