南関町総合トップへ

新型コロナウイルス感染症に関する情報

最終更新日:
 このページでは、新型コロナウイルス感染症に関する情報を随時掲載しています。
 

目次

 

 10月21日からの熊本県リスクレベルは、

 「リスクレベル3警戒」が継続されました

 なお、感染状況は先週と大きな変化は見られません。

 新型コロナウイルス感染症対策に係る国分科会ステージ及び熊本県リスクレベルについて(熊本県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

リスクレベル
リスクレベル2



 

新型コロナウイルス感染症の予防

 全国的に感染の拡大が継続しています。
 改めて基本的な感染症対策の徹底と、新しい生活様式の実践をお願いします。
  
 

皆さまへのお願い

(1)症状がなくとも、外出時の屋内ではマスクを着用してください。
(2)こまめな手洗い・手指消毒を行ってください。
(3)3つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避けましょう。
(4)風邪症状がある場合は学校・仕事などを休み、かかりつけ医等に電話相談をしてください。
 
 ◆咳エチケット
 咳エチケットとは、咳やくしゃみが出たときに周りの人への病気をうつさないためのマナーです。
 マスクがある場合には、正しくマスクを着用しましょう。マスクがない場合には、咳やくしゃみの際は、ティッシュ・ハンカチ等で口と鼻を覆いましょう。
 また、ティッシュ・ハンカチ等がない場合には、二の腕で口と鼻を覆いましょう。
 
 ◆手洗い・手指消毒
 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。
 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに手を洗いましょう。
 流水で手洗いができない場合には、アルコールを含んだ手指消毒薬を使用しましょう。
 
基本的な感染対策
 
 ◆3つの密を避けるために
(1)換気を励行する:窓のある環境では、可能であれば2方向の窓を同時に開け、換気をします。
(2)人の密度を下げる:人が多く集まる場所には、会場の広さを確保し、お互いの距離を1~2メートル程度あけるなどして、人の密度を減らします。
(3)近距離での会話や発声を避ける:周囲の人が近距離で発声するような場を避けて、やむを得ず近距離での会話が必要な場合には、自分から飛沫を飛ばさないよう咳エチケットやマスクの着用を行いましょう。
 
3密
 
 

新しい生活様式について

 以下の例を参考に、自分や周りの人、そして地域を感染拡大から守るため、それぞれの日常生活において、それぞれの生活に合った「新しい生活様式」を実践していきましょう。


新しい生活様式

 

 

人との接触を8割減らす、10のポイント

 今後の流行をおさえるためには、すべての国民を対象に、「人との接触を8割減らす」ことが重要であるとされました。
 改めて日常生活において「接触を減らす」工夫として参考となる具体例をご活用ください。
 
人との接触を8割減らす、10のポイント

 

夏の感染対策

 コロナ禍で2度目の夏を迎えますが、感染予防対策は気が抜けない状況が続いています。

 また、連休、夏季休暇、お盆などの期間中に、多くの人が移動することで、感染が拡大する可能性があります。

 感染拡大を防止し、ご自身や身近な人を守るために、マスクの着用・3密の回避・手洗い・消毒 などの感染予防を徹底しましょう!

 厚生労働省より、「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントが示されました。
 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました(厚労省ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)


「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント


 

発熱等の症状がある場合の医療機関の受診に関するお願い

発熱等の症状があった場合は、かかりつけ医や最寄りの医療機関等の身近な医療機関に必ず電話連絡のうえ受診していただきますようお願いします。
くまもと医療ナビ別ウィンドウで開きます(外部リンク)においても、医療機関を探すことができます。)

まずはかかりつけ医へ

※相談する医療機関に迷うときは、玉名受診案内センター ☎0968-72-5800 または 発熱患者専用ダイヤル ☎0570-096-567 へお問い合わせください。

 診療・検査が可能な医療機関をご案内しています。

※受診に関すること以外の相談は、下記の「熊本県新型コロナウイルス感染症専門相談窓口」へお問い合わせください。

 
 

熊本県新型コロナウイルス感染症専門相談窓口(コールセンター)が開設されています

熊本県では、これまで、県保健所(10か所)と県庁に相談窓口を設置し、新型コロナウイルス感染症の疑いがある方からの問い合わせ等に対応してきましたが、この度、専用相談窓口を開設し、一元的に対応することになりました。

熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(コールセンター)

 ☎096-300-5909(24時間対応)

 主な業務内容:新型コロナウイルス感染症のクラスターの一員に該当する方や接触確認アプリ(COCOA)からの通知があった方などの相談対応(保健所へのつなぎ)

        新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談対応や情報提供

 

 

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

 

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
○発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
○基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。
 
 

相談窓口にご相談いただく目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

 

○息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

○重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

○上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 

(妊婦の方へ)

 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにかかりつけ医や熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口などにご相談ください。

 

(お子様をお持ちの方へ)

 小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関や熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口などにご相談ください。

 

 ※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

 

 

医療機関にかかるときのお願い

○複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
 また、直接医療機関に行かず、電話で症状を伝えた上で受診をお願いします。
 
○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
 
 

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について

 本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。
 利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。
 自分を守り、大切な人を守り、地域と社会を守るために、接触確認アプリをインストールしましょう。

 

COCOA
COCOA2

新型コロナウイルスに関するQ&A

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2872)

南関町役場 法人番号 8000020433675
〒861-0898  熊本県玉名郡南関町大字関町1316  
Tel:0968-53-1111   Fax:0968-53-2351  

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分まで(祝日・休日・年末年始を除く)
※水曜日は税務住民課と福祉課(一部業務のみ)19時まで

Copyrights(c)2017 Town Nankan All Rights Reserved

南関町役場

法人番号 8000020433675
〒861-0898
熊本県玉名郡南関町大字関町1316 Tel:0968-53-1111 Fax:0968-53-2351

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分まで(祝日・休日・年末年始を除く)
※水曜日は税務住民課と福祉課(一部業務のみ)19時まで

Copyrights(c)2017 Town Nankan All Rights Reserved