南関町総合トップへ

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について

最終更新日:

 新型コロナウイルスワクチンは、2回接種を受けた場合であっても接種後の時間の経過とともに、ワクチンの有効性や免疫原性が低下することが認められていることから、追加(3回目)接種を実施することが国から示されました。

 本町においても、国の方針に基づき追加接種(3回目接種)を実施します。詳細は、このページにて随時お知らせします。

 
 

追加接種(3回目接種)の概要

追加接種(3回目接種)が受けられる時期

 接種を行う期間は、令和3年12月1日から令和4年9月30日までの予定です。

 

 

接種の対象者

 新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下をすべて満たす人全員です。

▷2回目接種を完了した日から、一定の期間が経過した人(※1)

▷接種日時点で18歳以上の人

▷日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)または初回接種に相当する接種(※2)が完了している人

 

 (※1)「一定の期間」は、それぞれ以下のとおりです。

 対   象

令和4年1月

同年2月

同年3月以降

医療従事者等や高齢者施設等の入所者

6か月

6か月

6か月

その他の高齢者

8か月

7か月

6か月

64歳以下の人

8か月

8か月

7か月

 

 

 (※2)次の人が、初回接種に相当する接種を受けた人となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン武田/モデルナ社ワクチンアストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。

(ア)海外で2回接種した人

(イ)海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した人

(ウ)在日米軍従業員接種で2回接種した人

(エ)製薬メーカーの治験等で2回接種した人

 

 

接種費用

無料(公費負担)で接種できます。
 

追加接種の回数

1回

 

特に接種をお勧めする人

○高齢者、基礎疾患を有する人などの「重症化リスクが高い人

○重症化リスクが高い人の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い人との接触が多い人

○医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い人

 

 

接種ワクチンと接種対象年齢

 初回接種(1回目・2回目接種)に使用したワクチンの種類にかかわらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン(ファイザー社のワクチンまたは武田/モデルナ社のワクチン)を使用します。

 

▷ファイザー社のワクチン:18歳以上の人が対象です。

▷武田/モデルナ社のワクチン:18歳以上の人が対象です。なお、追加接種(3回目接種)では、初回接種(1回目・2回目接種)の半量を接種します。

 

 妊娠中の人、授乳中の人、新型コロナウイルスに感染したことがある人にとってもワクチン接種はメリットがあるため、接種をご検討ください。詳しくは新型コロナワクチンQ&A別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。

 

 

追加接種(3回目接種)の安全性と効果

【安全性】

 ファイザー社および武田/モデルナ社の薬事承認において、追加接種(3回目接種)後7日以内の副反応は、初回接種(1回目・2回目接種)後のものと比べると、どちらのワクチンにおいても、一部の症状の出現率に差があるものの、おおむね初回接種(1回目・2回目接種)と同様の症状が見られました。
安全性

【効果】

 追加接種(3回目接種)をした人の方がしていない人よりも、新型コロナウイルスに感染する人や重症化する人が少ないと報告されています。
 
 

初回接種(1回目・2回目接種)と異なるワクチンを用いて追加接種(3回目接種)した場合の安全性と効果

 英国では、2回目接種から12週以上経過した後に、様々なワクチンを用いて3回目接種を行った場合の研究が行われ、その結果が報告されています。
 
【安全性】
 3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目と同じワクチンを接種しても、異なるワクチンを接種しても安全性の面で許容されること。
 
【効果】
 1・2回目接種でファイザー社ワクチンを受けた人が、3回目でファイザー社ワクチンを受けた場合と、武田/モデルナ社ワクチン(※)を受けた場合のいずれにおいても、抗体価が十分上昇すること。
(※)武田/モデルナ社ワクチンは、3回目は50㎍接種することになっているが、本研究では100㎍接種した結果が報告されている。
 交互接種

 

接種体制(令和4年1月14日現在)

  • 個別接種(町内3医療機関にて令和4年2月1日から開始)
  • 集団接種(旧保健センターにて令和4年2月12日から開始)
 

接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は、町民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける人の同意がある場合に限り接種が行われます。
 予防接種を受ける人には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける人の同意なく、接種が行われることはありません。
 職場や周りの人などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。
⇒ 職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口はこちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)
⇒ 人権相談に関する窓口はこちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)
⇒ ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A(一般の方向け)はこちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)
⇒ 労働者の採用、配置、解雇等に関するQ&A(企業の方向け)はこちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)
⇒ 経済団体等への協力依頼についてはこちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 
 

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 なお、救済制度の内容については、こちら別ウィンドウで開きますをご参照ください。
 

追加接種(3回目接種)接種関係書類の発送について

発送スケジュール

 追加接種(3回目)の接種可能日が近づいた人へ順次、接種に必要な書類とご案内をお送りします。
 
 発送スケジュール2

送付物一覧

(イメージ)
送付物一覧
  ※令和3年1月14日時点
 
 

2回目接種後に転入された人や海外で新型コロナワクチンの接種を受けた人へ ~接種するには手続きが必要です~

 他市区町村の接種券で2回目接種を受けた後に南関町に転入された人や、海外で2回目接種を受けた人は、南関町で接種記録が確認できないため、追加接種(3回目接種)に必要な接種券一体型予診票が発行されません。追加接種(3回目接種)を希望する人は、接種券発行申請が必要となりますので詳しくはこちら別ウィンドウで開きますをご確認ください。
 

接種が受けられる場所

 原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。南関町内の接種場所等については、接種対象の人へ送付する案内またはこちらをご覧ください。

 なお、やむを得ない事情で住所地でのワクチン接種ができない人は、住所地以外で受けていただくことができる場合があります。具体的な手続きは、「新型コロナワクチン接種券に関する手続き(再発行、転出、転入、住所地外での接種など)別ウィンドウで開きます」をご覧ください。

 ※初回(1回目・2回目)接種の際に「住所地外接種届」を提出された人であっても、追加(3回目)接種の接種時期を迎えたタイミングで「住所地外接種届」を再度提出してください。

 

【住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができる人の例】

(1)入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受ける人

  1. (2)通所による介護サービス事業所等の利用者で、その事業所等で行われるワクチン接種を受ける人
  2. (3)基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける人
  3. (4)副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が必要な人
  4. (5)市町村外の医療機関からの往診により、在宅でワクチン接種を受ける人
  5. (6)災害による被害にあった人
  6. (7)都道府県等の設置する大規模接種会場等で接種を受ける人(会場毎の対象地域にお住まいの人に限ります)
  7. (8)職域接種でワクチン接種を受ける人
  8. (9)お住まいが住所地と異なる人

※(1)~(8)の人については、住所地外接種の手続きは不要です。
 

 

接種の流れ 

(1)接種券一体型予診票等が届く

 追加接種(3回目接種)を受けるには、南関町が発行する接種券一体型予診票等が必要です。町では、追加接種(3回目接種)が可能になる日までに順次、発送をしています。

 

【お願い】

  • 原則、住所宛に発送します。やむを得ない事情により、住所以外への郵送を希望される場合は、コロナワクチン相談センターへご連絡ください。
  • 町外の医療機関や施設等でお勤め・入所中の場合は、2回目接種から6か月経過時点に接種券一体型予診票等が届かない場合があります。前倒しでの接種を希望される場合は、接種券一体型予診票等を発行しますので、コロナワクチン相談センターへご連絡ください。
申請先
南関町新型コロナワクチン相談センター
☎ 0120-671-238
受付時間:9時~17時(日・祝日を除く)
 

(2)接種の予約をする

 接種場所によって予約方法や接種ワクチンが異なります。希望する接種場所を選び、以下の方法で接種の予約をしてください。
※保健センターや役場で接種の予約はできません。
※田尻医院での接種は、接種の時間帯(午前・午後)によって予約先が異なりますのでご注意ください。
 
▷コールセンターまたはWebで予約する
 電話予約:0120-671-238(受付時間:9時~17時(日・祝日を除く)

 

会場名

住所

接種ワクチン

(当面の間)

さかき診療所

 南関町上長田638-1

ファイザー

田尻医院(午前)

 南関町関町1218-1

ファイザー

旧保健センター

 南関町小原1857

 (1回目・2回目接種と同じ)

武田/モデルナ

 


▷医療機関へ直接電話予約する 

 

会場名

住所

接種ワクチン

(当面の間)

電話番号

田辺クリニック

 南関町上坂下3480

ファイザー

0968-53-8200

田尻医院(午後) 南関町関町1218-1

ファイザー

0968-53-0016

 

 

(3)ワクチンを受ける

 予約した接種日時に接種会場でワクチンを受けます。

※接種の無断キャンセルは絶対にしないでください!!やむを得ず予約をキャンセルする場合は、早めに予約先へご連絡ください。

※予診票は、黒色のボールペンで記入してください。鉛筆やこすると消えるペンは使用できません

※接種の際に速やかに肩を出せる服装でお越しください。

 

当日の

持ち物

・接種券一体型予診票

・予防接種済証

・身分証明書(運転免許証等)

 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2953)

南関町役場 法人番号 8000020433675
〒861-0898  熊本県玉名郡南関町大字関町64  
Tel:0968-53-1111   Fax:0968-53-2351  

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分まで(祝日・休日・年末年始を除く)
※水曜日は税務住民課と福祉課(一部業務のみ)19時まで

Copyrights(c)2017 Town Nankan All Rights Reserved

南関町役場

法人番号 8000020433675
〒861-0898
熊本県玉名郡南関町大字関町64 Tel:0968-53-1111 Fax:0968-53-2351

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分まで(祝日・休日・年末年始を除く)
※水曜日は税務住民課と福祉課(一部業務のみ)19時まで

Copyrights(c)2017 Town Nankan All Rights Reserved